米子市で欧州旧車の置きのイベントを開催して4年目です!春の休日を車を囲んで過ごしませんか?
by ECmeet2012
カテゴリ
全体
イベント概要
イベント風景
参加車輛規程・注意事項
事前参加申込手続き
参加予定車輛
周辺地図
自動車学校感謝祭イベント
お食事
最新の記事
以前の記事
メモ帳
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
その他のジャンル
カテゴリ:参加予定車輛( 11 )
フィアット・アバルト・500アセットコルサ
続いての参加予定車輛は フィアット・500アバルト・アセットコルサ

ABARTH 500 ASSETTO CORSE は
すぐにレースに参戦できるコンペティションカーとして
世界限定49台として生み出された。
a0259947_8462266.jpg

20年以上昔に初期型が生産された欧州車 というエントリー基準としてますが
前回紹介した 昔のチンクチェント695エッセエッセ等をモチーフに
現代に蘇えらせた希少車として レプリカ枠でエントリー頂きました。

この車は・・

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-04-14 09:48 | 参加予定車輛
フィアット・アバルト・695エッセエッセ<イタリア>
続いての参加予定車輛は
フィアット・アバルト・695エッセエッセ 生産国イタリア!
a0259947_0342793.jpg

FIAT500(チンクチェント)をベースに チューナーのアバルトが手を入れた。
アバルトは 蠍のマークであることから
「蠍の毒を注入する」と言う形容詞が しばしば使われ
やられると抜け出せない アバルト患者が日本には大勢いるとかいないとか(笑)

ルパン三世の愛車としても おなじみの一台です。

横からも・・

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-04-13 00:59 | 参加予定車輛
ウーズレー・ホーネット・マークⅡ<イギリス>
続いての参加予定車輛は
ウーズレー・ホーネット・マークⅡ1963年式 生産国イギリス!
a0259947_21512921.jpg

1961年秋に ライレー・エルフとともにデビューした高級版ミニである。
独立したトランクを持つボディは 伝統のフロントグリル以外はエルフと同一。
本革シート&厚いカーペットなどを装備した内装もエルフに準ずるが
ウォルナットがダッシュ全面に張られるライレー版に対し
こちらは楕円のメーターパネルのみと 多少差別化が図られていた。

1963年春には・・

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-04-12 23:15 | 参加予定車輛
アルファロメオ・155<イタリア>
続いての参加予定車輛は アルファロメオ・155 生産国イタリア!

1992年にデビューしたアルファロメオ・155は
最後のFRアルファである 75の後継にあたり
1997年に156がデビューするまでの間 アルファのベルリーナとして君臨した。
a0259947_7175973.jpg

155は 「ティーポ3」プロジェクトにより フィアット・ティーポとシャーシを共有する
フィアット・テムプラ や ランチア・デドラ とは兄弟車種にあたり
駆動方式も 一部4駆のQ4を除けば 基本的にFFである。
操作系に関しても MTのみで生涯を通した男気あふれる車である。

FFのアルファロメオなんて・・

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-04-11 02:26 | 参加予定車輛
フォルクスワーゲン・ビートル(TYPE-1)<ドイツ>
続きましての参加予定車輌は VW・タイプ1 通称ビートル(かぶと虫)
1965年式 生産国旧西ドイツ!
a0259947_23334763.jpg

その昔 外車がまだガイシャと呼ばれ 珍しかった頃
山陰の田舎で見る外車と言えば 世界一売れた大衆車 ビートル!
それ以外では たまにミニくらいで 本当に良く走ってました。

実は私も・・

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-04-08 00:22 | 参加予定車輛
シトロエン・CXパラス<フランス>
続いての参加予定車輛は シトロエン・CXパラス 1976年式 生産国フランス!

名車DSの後継車として 1974年にデビューした
シトロエンのフラッグシップ・モデル。
1985年に大規模なマイナーチェンジが行われ 1989年まで製造された。

1989年発表のXMが後継車種となるまで こちらも長くフラッグシップを務めた。
一方 ステーションワゴンは XMブレークが発売される1991年まで製造された。
a0259947_0533862.jpg

DS譲りの 未来的で空気抵抗の少ない4ドアボディを纏い
ハイドロニューマティック・サスペンション パワーブレーキなど
DSから受け継いだ機能と
サスペンションは ひと足先にデビューしたGSと基本的に同じ
ダブルウィッシュボーン/トレーリングアームの組み合わせとなった。
水冷直列4気筒OHVエンジンは 新たに横置きとなる等 変更点も多く存在した。

シトロエンは 1976年にフランスの自動車会社プジョーとPSAグループを形成
プラットフォームや エンジンの共通化を進めたため
CXは 「純血」シトロエンとしては最後のモデルとも言える。

CXの車名は・・

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-04-05 07:15 | 参加予定車輛
ウーズレー・1300マークⅡ<イギリス>
続いての参加予定車輛は ウーズレー・1300マークⅡ!
1971年式 生産国イギリス。
a0259947_23295848.jpg

1965年に ライレー・ケストレルと同時に登場した ウーズレー版ADO16。

通称ADO16のコードネームで呼ばれるそれは
オースティン/モーリス/MG/バンデン・プラ/ウーズレー/ライレー
のメーカーから それぞれ派生車種が生産された。

ピニンファリーナの手になる・・

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-04-04 07:01 | 参加予定車輛
ランチア・フルヴィア・1.2HF<イタリア>
続いての車輛紹介は 今年初参加となる ランチア・フルヴィア・1.2HF!
Lancia Fulvia 1.2HF とは Fulvia Coupe の最初のHFシリーズにあたる。
a0259947_2220497.jpg

ランチア・フルヴィアは まず1963年に4枚ドアのベルリーナが登場し
続いて1965年に ベルリーナより15cm短いホイールベースの
クーペが追加された。

1967年には ザガートによる前衛的なアルミニウム製2シーターボディの
スポルトも追加され ボディ・バリエーションは大きく3タイプとなった。 

この Lancia Fulvia 1.2HF は クーペの中でも生産台数が435台と少なく
ラリーで活躍した最終型 1.6HF の
1stシリーズ:1278台&2ndシリーズ:3890台に比べても なお貴重である。

その心臓たるエンジンは・・

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-03-30 00:23 | 参加予定車輛
シトロエン・2CV<フランス>
続いての車輛紹介は 今年初参加となる シトロエン・2CV

今回のオーナーは 嬉しいことに
遠路はるばる 神奈川県川崎市からのエントリーです!
a0259947_22402443.jpg

何でも オーナーさんが 小学校時代にお世話になり
また 二人のお子さんも教わり 担任もしていただいた恩師の先生が
イベント会場である米子自動車学校の近所に お住まいなのだそうです。

恩師の先生もご高齢となり 川崎の方まで同窓会に来ていただくのが
辛くなってきていたので良い機会なので 思い切ってイベントに参加しつつ
久々に先生にお会いするために 参加を申し込みました。 とのこと!

何とも 素晴らしいお話ではありませんか!

たまたま ネットでクラシックカーイベントを検索してて 偶然発見され
そして 2CVで自走して来られ 雨でもエントリー頂けるということで
これはもう 幹事冥利に尽きる!とっても嬉しいお話でした。

肝心のシトロエン・2CVは

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-03-24 23:54 | 参加予定車輛
ローバー・P6(3500)<イギリス>
続いての車輛紹介は 今年初参加となる ローバー・P6(3500)

ローバーの傑作サルーン P6シリーズは1963年にデビュー。
当時の世界的レベルからすると遅れが目立っていたイギリスの中型サルーンを
グッとモダンに刷新した 記念碑的モデルでもある。

その最終進化系として最強なのが 1968年にデビューした
2000のボディに 3.5リッターの総アルミ製V8ユニットを積んだモデルである
この3500!
a0259947_20344083.jpg

当初は 3速ATの3500しか無かったが
モデル末期には MTの3500Sも追加された。

こちらはATモデルの3500で
バンパー下部に追加された大きなエアインテークが 2000との識別点となる。

More
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-03-21 23:04 | 参加予定車輛