米子市で欧州旧車の置きのイベントを開催して4年目です!春の休日を車を囲んで過ごしませんか?
by ECmeet2012
カテゴリ
全体
イベント概要
イベント風景
参加車輛規程・注意事項
事前参加申込手続き
参加予定車輛
周辺地図
自動車学校感謝祭イベント
お食事
最新の記事
以前の記事
メモ帳
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
その他のジャンル
アルファロメオ・155<イタリア>
続いての参加予定車輛は アルファロメオ・155 生産国イタリア!

1992年にデビューしたアルファロメオ・155は
最後のFRアルファである 75の後継にあたり
1997年に156がデビューするまでの間 アルファのベルリーナとして君臨した。
a0259947_7175973.jpg

155は 「ティーポ3」プロジェクトにより フィアット・ティーポとシャーシを共有する
フィアット・テムプラ や ランチア・デドラ とは兄弟車種にあたり
駆動方式も 一部4駆のQ4を除けば 基本的にFFである。
操作系に関しても MTのみで生涯を通した男気あふれる車である。

FFのアルファロメオなんて・・



a0259947_718172.jpg

アルファロメオでは無い!との 熱狂的なFR信奉者が多かったアルフィスタ達を
黙らせたのは 紛れもなく DTMでの活躍であった。

'93 DTM 155 V6 ti の勇姿!
a0259947_25195.jpg

カッコ良くて速ければ 文句無いだろ!と
FR v.s FF 論争に決着が付いたとか付かなかったとか(笑)

a0259947_7181238.jpg

直線的で大胆な ウェッジシェイプが美しいデザインは
内外装共に イタリアのデザイン会社 I.DE.Aが担当した。

a0259947_7181473.jpg

この個体のオーナーは 10年前に 2万km走行のコイツを手に入れ
以来 10万kmオーバーの今日まで 普段の足に使っておられます。

当たりだったのか これまで大きなトラブルも無く 消耗品の交換程度で
イタリア車にありがちな武勇伝も経験せずに済んでるのは 幸いでしょう。

イベント幹事役を引き受けて4年目になる私も 155が20年選手となり
エントリー対象車種になる日が来るとは 月日が経つのは早いなぁとシミジミ・・

a0259947_7182853.jpg

木目のウッドが インテリアに使われてることから分かる人も居るかと思いますが
DTM風スポーティ仕様のスポルティーバ に対し
この個体は より本国仕様に近い ラグジュアリー仕様のスーパーです。

ローダウンされてなく アルファ本来のストロークの深さを味わえる仕様で
玄人受けする部類ですね。

本当のクラシックカーと呼べる車種を 趣味で休日車とするのも良いですが
ちょっと旧い外車を 何気なく日常使いすることで ちょっとした非日常を取り入れる
そんな 日々の暮らしを彩ってくれる 足車としての魅力に丁度良い155!

それでいて ひとたびワインディングに繰り出せば
その身のこなしは 迷うこと無きアルファロメオ!

そんな 日常と非日常を1台で賄える 素敵な暮らしを垣間見る意味でも
ぜひ 会場に足を運んでみて下さい。お待ちしております。
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-04-11 02:26 | 参加予定車輛
<< ウーズレー・ホーネット・マーク... 感謝祭パンフレット出来ました! >>