米子市で欧州旧車の置きのイベントを開催して4年目です!春の休日を車を囲んで過ごしませんか?
by ECmeet2012
カテゴリ
全体
イベント概要
イベント風景
参加車輛規程・注意事項
事前参加申込手続き
参加予定車輛
周辺地図
自動車学校感謝祭イベント
お食事
最新の記事
以前の記事
メモ帳
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
その他のジャンル
シトロエン・2CV<フランス>
続いての車輛紹介は 今年初参加となる シトロエン・2CV

今回のオーナーは 嬉しいことに
遠路はるばる 神奈川県川崎市からのエントリーです!
a0259947_22402443.jpg

何でも オーナーさんが 小学校時代にお世話になり
また 二人のお子さんも教わり 担任もしていただいた恩師の先生が
イベント会場である米子自動車学校の近所に お住まいなのだそうです。

恩師の先生もご高齢となり 川崎の方まで同窓会に来ていただくのが
辛くなってきていたので良い機会なので 思い切ってイベントに参加しつつ
久々に先生にお会いするために 参加を申し込みました。 とのこと!

何とも 素晴らしいお話ではありませんか!

たまたま ネットでクラシックカーイベントを検索してて 偶然発見され
そして 2CVで自走して来られ 雨でもエントリー頂けるということで
これはもう 幹事冥利に尽きる!とっても嬉しいお話でした。

肝心のシトロエン・2CVは



a0259947_2240377.jpg

ドイツ国民の足としてのビートル!
イタリア国民の足としてのフィアット500!

そして フランス国民の足としての2CVは
1948年に誕生し1990年まで 43年もの長きに渡り 愛され続けてきた車です。

1948年~1990年まで 長い期間造られた2CVの
最終年度1990年式のスペシャルです。

a0259947_22403879.jpg

「2CV」とは 「2馬力」を意味しており フランスにおける自動車課税基準である
「課税出力」のカテゴリーのうち 「2CV」に相当することに由来します。
ただし 実際のエンジン出力が2馬力であったわけではありませんのであしからず。

シトロエンが 戦後復興間もなく 未だ豊かでなかった時代 農民の足になればと
手薄だった小型車分野へ ユニークな思想と工夫により実現した大衆車です。

a0259947_22404715.jpg

「こうもり傘に4つの車輪をつけただけ」とか
荒れた農道を走破できるだけでなく カゴ一杯の生卵を載せて
荒れた農道を走行したとしても 1つの卵も割ることなく
荒れた農道を走れるほど快適で乗り心地がよいこと!
などをクリアするために ユニークな割り切りで開発されました。
しかし 発表時点では理解されず 「醜いアヒルの子」「乳母車」と嘲笑されましたが
その後 未曾有のヒットを飛ばすことになり 前述のとおり長きに渡って愛されました。

a0259947_22404967.jpg

イベントへの往復も 神奈川~米子だと 立派なグランド・ツーリングですが
2CVとは言え フランス車の常で どこまでも走り続けて行けそうな
乗り心地とシートの良さに支えられて 無事到着されることを 祈っております。

こういった長旅を経た2CVを 貴方も ぜひ観に来られることをお勧めします。
車には これ以上必要無いのでは といった哲学に触れれるチャンスかも知れません?
皆様の来場を お待ちしております!
[PR]
by ECmeet2012 | 2012-03-24 23:54 | 参加予定車輛
<< ランチア・フルヴィア・1.2H... ローバー・P6(3500)<イ... >>